mirai

Just another WordPress site

年賀状はいつから販売でポスト投函はいつまで?不要になると交換できる?

      2016/01/13

今年も年賀状の季節がやって来ましたね。毎年この時期になると1年過ぎるのが早く感じます・・・
年々年賀状を出す人が少なくなってきているようですが、販売時期や元旦に届けるにはいつまでに投函すればいいの?や不要になった年賀はがきは交換できるのかな?など参考にしてくださいね^^

スポンサードリンク

年賀状はいつから販売される?

年賀はがきは10月29日(木)から全国各郵便局で販売されます。
予約注文は8月31日からスタートしていて10月28日(水)までスマートフォンからでも24時間注文OKです^^
5枚からでも送料無料で、代引きも可能!土曜日や夜間(21時まで)、仕事先でも受取りできるので便利ですね。
(配達希望日の3日前までに注文してくださいね。)

コンビニでは郵便局の販売より早い時期から、手間が省ける柄入り年賀状が5枚入りで販売されています。
年明けに年賀状をもらって、返信用が不足した時にも、宛名を記入するだけですぐ出せるので便利ですね^^(1月8日以降は店舗によって販売終了している所もあります)

【 お得に年賀状を購入する方法 】
金券ショップやチケットショップなどで年賀はがきを取り扱っている所があります。
11月に入った頃から販売されていて、通常価格より安く購入することができるのでお得ですよね♪
店舗によって販売価格が違うので安いお店を探してみて下さいね^^
柄入りの年賀はがきもお安く販売されている所もあるので、柄を選びたい場合はお早目に^^



年賀状のポスト投函はいつまで?

年賀状の引き受け開始は12月15日から25日までです。
15日より早く投函すると、通常郵便として2,3日で届いてしまうので気を付けましょう。
25日までに投函した年賀状は必ず元旦に届きます。(同じ市区町村の場合は28日頃でも元旦に到着する場合が多いので、諦めず投函しておいてくださいね)

※ちなみに、元旦に賀状を出してない人へ返信した場合、2日は配達がお休みなので、3日に届きます。


スポンサードリンク

年賀はがきが不要になると交換できる?

当年度の年賀はがきや寄附金付きお年玉付き年賀郵便切手を早期にたくさん購入していて、近親者のご不孝などで不要になった場合は無料で通常切手類と交換できます。
また、年賀はがきの種類(インクジェット・手書きのはがき)を間違えて購入してしまった場合も、未使用でしたら、無料で希望の年賀はがきに交換できます。(写真用やキャラクターなど値段が違う商品は追加料金が必要になります。)

【 年賀はがきに交換できないもの 】
◇前年度や数年前の年賀はがき
◇書き損じの当年度の年賀はがき
◇宛名不明で戻って来た年賀状

宛名不明で戻ってきた年賀状以外は、一枚につき5円の手数料がかかりますが、通常のはがきや切手などに交換できます^^

※ちなみに郵便局で現金には換金できませんがチケットショップなどでは、少し安くなりますが買い取ってもらうことができますよ^^

まとめ

年賀はがきの売り出しが始まると、何となく年末の忙しいモードになってしまいますよね^^;
年賀状は新年のご挨拶なので、元旦に届いていると気持ちよく、嬉しいものなので12月25日までになるべくなら投函しておきたいですね。

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 12月 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
一人暮らしの年末大掃除を簡単にするコツと順番や時間が無い場合は?

一人暮らしをして初めて年末を迎えるけど、忙しくて部屋で過ごすことが無いのに大掃除 …

no image
お歳暮を贈る時期はいつまで?持参する時のマナーや親戚にはどこまで送る?

お歳暮は普段お世話になった方へ、感謝の気持ちを込めて贈るご挨拶ですよね。 結婚し …

no image
先方が喪中の時お歳暮を贈るのは控えるべき?送る時のマナーや熨斗は?

毎年お歳暮を送っている送り先にご不幸があって喪中の場合、お歳暮を送っても良いのか …