mirai

Just another WordPress site

夏祭りで掬ってきた金魚の寿命は?飼育法は?白点病の対処法は?

      2017/03/24

夏祭りや縁日で金魚すくいは人気ですよね^^
お子さんがすくった金魚を笑顔で飼いたい♪なんて言われるとダメとは言えなくて・・・
なんて、突然飼う事になった金魚。寿命や、飼育法・病気になった時の対処法など参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

夏祭りですくってきた金魚の寿命は?

夏祭りの楽しみは夜店や屋台ですよね。
楽しい雰囲気でついつい色んな食べ物や、ゲームに夢中になってしまいます。
そんな中でも金魚すくいは小さいお子さんに大人気で、すくえるまで何回も挑戦したりしますよね。
すくった金魚を持って帰るお子さんも多いと思います。

そこで、金魚の寿命ですが、一般的に元気な金魚というのは、10年~15年くらいが寿命といいます。
体長も20センチと大きくなります。
でも、夏祭りや縁日ですくって来た金魚ってすぐにお星さまになるイメージありませんか?

飼育の仕方の影響もありますが、夏祭りの時点で運ばれてくるストレス、狭い所にたくさんの金魚が入っていたストレスなどによって、体調を崩している可能性が高いんですね。
元気な金魚はすくいにくいですよね・・・つまり弱っている金魚の可能性が少なくないんです。
かといって、弱っている金魚ばかりではありませんよ^^実際夏祭りの金魚を8年くらい飼って12,3センチくらいに成長した金魚がいました。(大きくなりすぎて金魚じゃないみたいですけど)

夏祭りですくってきた金魚の飼育法は?

予定していなかった場合が多いと思います。
ですので水槽などの用意がないので、とりあえず一晩は大きめのバケツなどを用意しましょう。

☆水道水はカルキ抜きをしてください。
 ちょっと面倒ですが、水道水を沸騰して冷まします。
 でも時間が掛かってしまいますよね・・・カルキ抜きはペットショップで販売していますが夏祭りの帰宅時間によっては閉店している可能性がありますので、応急処置として!
 
 ・大きめのバケツを2個用意してください。
 ・浴室のシャワーでなるべく高い位置からできる限りの水量でバケツに水道水を貯めます。
 ・半分くらい貯まったら、これも高い位置からもう一つのバケツに移します。これを何度か繰り返してください。(塩素が抜けるのと空気に酸素を含ませるイメージです。)

補足・・・バケツに水を入れて一日日光に当てるとカルキ抜きが出来ます。

☆水の用意が出来たら。
 すぐに用意した水に金魚を入れると急な環境の変化で金魚が体調を崩し弱ってしまいます。まず、水の温度に慣れてもらいましょう。
 
 ・金魚すくいでもらってきた袋のままバケツに浮かせます。(紐をバケツの取っ手に洗濯バサミで固定するとか、紐に長い棒を通しておくと安心です。)
 ・次に水合わせをします。10分くらい放置したらバケツの水を少し金魚の入った袋に入れます。そのまま時間をおいてまた少し水を入れます。時間を掛け何度か繰り返し、袋が一杯になり金魚がバケツの水に慣れてから、そっと優しく手ですくってバケツに放してあげてください。

スポンサードリンク

これで当日することは終わりです。翌日にはペットショップなどで必要な物を買ってあげてくださいね。(水槽はなるべく大きめがおすすめです。)
ホームセンターなんかで金魚の飼育ができるセットになっているものも売っているようなので探してみてくださいね。

夏祭りですくってきた金魚が病気?

夏祭りや縁日ですくってきた金魚が白点病になることは少なくありません。

・原因・・・白点虫の寄生が原因。白点虫の成虫は0.5ミリくらいの円形、または楕円形で繊毛といわれる細い毛に覆われています。
     水温3℃~24℃で生育・14℃~17℃が生育適温・25℃以上死滅

・特徴・・・体やヒレに白く点々とゴマをまいたように白い点が多数現れます。
      初期は白い点が小さく発見しにくいですが、気付かないとあっとゆう間に全体に広がります。
      初期の頃は砂利やガラス面に患部をこすりつけたりします。
      症状が進んで行くと、食欲がなくなり衰弱死してしまいます。
      エラに白点虫が寄生すると、金魚は呼吸困難となり死に至ります。
      早期発見してあげたですよね。

・対策・・・金魚に寄生する親虫は駆除しづらいですが、水温を30度以上にすると体から離れるので、別の容器で薬浴か食塩浴(1%)させます。
      水中にいる白点虫は薬で駆除出来ますし、水温が25度以上になると死滅します。

・薬・・・・グリンFリキッド・トロピカルゴールド・メチレンブルー・マゾテンなどがあります。

この他にも色々な病気があります。
エサのやりすぎは消化不良を起こし、下痢や便秘・腸炎になり、食べ残しやフンなどで水質も悪くなり、寄生虫が繁殖しやすくなり病気を引き起こす環境を作ってしまいます。
環境に問題がない(水温の低下や水質悪化)にもかかわらず、元気がない、エサを食べない、底のほうでじっとしている、突然飛び跳ねたり、砂利に体をこすりつけたりする時は病気の可能性が高いでしょう。
金魚の体に異変がないかよく観察してあげましょう。

まとめ

夏祭りですくってきた金魚は寿命が短いイメージがありますが、元々金魚の寿命は短くはないんですね。
色んな環境で弱ってしまいますが、お子さんが目をキラキラさせてすくった金魚を、なるべく長く飼育して、お子さんと共に成長して大きくなった金魚を見せてあげて下さいね。

スポンサードリンク

 - ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ぶどう狩り
ぶどう狩りの時期と関西のおすすめは?バーベキューも楽しめるスポットは?

美味しいぶどうの季節がやってきましたね♪ バーベキューとぶどう狩りを一緒に楽しめ …

照りつける太陽
原付の女子の服装は?夏は?紫外線対策でおすすめは?

原付で女の子が通学する場合の服装って悩みますよね。 これからの夏場の紫外線対策や …

茶毒蛾の幼虫
桜の木の毛虫の発生時期はいつ?駆除方法は?毒を持つ種類は?

バーベキューやキャンプ・ガーデニングなどで、気付かないうちにさされてしまうことが …

夏の風物詩 そうめん
素麺の賞味期限が切れて未開封は?美味しい茹で方や保存方法は?

素麺が美味しい時期ですよね^^ 戴きものだったり、去年の素麺などで賞味期限が切れ …

窓辺の宅急便
宅急便をクールで送る時の箱は?コンビニで受付出来ない?伝票は?

日常では宅急便をあまり使わない場合でも、夏場で要冷蔵の物や手作りの料理、冷凍の物 …

ハチ
ベランダの蜂の巣を駆除する方法は?時期や刺された時の処置は?

夏になるとベランダや庭に蜂を見かける事がありますよね。 頻繁に見かけるようでした …