mirai

Just another WordPress site

熱中症かな?症状で頭痛や発熱がある場合の対策は?予防法は?

      2015/07/15

ジメジメした梅雨の時期や真夏でも風邪かな?熱中症かな?と頭痛がしたり身体がだるく感じたり・・・
軽い頭痛とやり過ごさず、こちらで症状などを確認して悪化しないよう処置の参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

熱中症かな?症状で頭痛がある場合

風邪の症状は無いけれど、頭痛やめまい・吐き気や体がだるいと感じた時は熱中症の可能性が高いです。

熱中症は小さなお子さんや高齢の方・体力が落ちている方がかかりやすく、対処が遅れると命に関わるので、少しの頭痛でも我慢しないで早目の対処をおすすめします。

屋外でも室内でも高温多湿・大量の発汗によって脱水症状になり自律神経のコントロールが上手く出来なくなって発症します。

頭痛の原因の脱水症状ですが、「のどが渇いたなぁ」と思った時はすでに初期段階の可能性もあるので、しっかり水分補給してください。

ただ、高齢の方の場合、のどが渇いているのに気付かないまま過ごしてしまっている事があるため、屋内外にかかわらず、のどが渇いたという自覚症状がなくても、こまめに水分補給することをおすすめします。痛くなってから水分を補給しても、なかなか頭痛は治まりません。ご参考までに高齢者の熱中症はこちらです。

熱中症の症状で頭痛・発熱がある場合

熱中症は、熱失神、熱痙攣、熱疲労、熱射病と4つの症状があります。

●脱水症状で血流が悪くなっている場合『熱失神』・・・めまい・唇のしびれ・頻脈・顔面蒼白

●水分は足りているが塩分不足の場合『熱痙攣』・・・けいれん・こむら返り・体の痛み

●水分と塩分が足りない場合『熱疲労』・・・頭痛・発熱・吐き気・めまい

●症状に気付かず体に熱をためこんでしまった場合『熱射病』・・・発熱していて汗が出ない・嘔吐・意識障害

スポンサードリンク

このように頭痛と発熱がある場合、水分と塩分不足になっている可能性が高いので、心疾患や高血圧の方でもこの時は水分と塩分補給が必要です。

水分補給といっても、お茶にはカフェインが入っていて利尿作用がある為、水やスポーツドリンク・麦茶(ミネラルも含まれている)などで水分を補給しましょう。

塩分は1ℓあたり2g程の塩を入れるか、1ℓの水分に対して梅干しをおよそ1個でも補えます。

あとは風通しの良い涼しい所で安静に身体を休めて下さい。

熱中症の頭痛を予防するには?

まず、熱中症にならないように日常からの対策が必要です。

・人間は普段1時間に200ml前後の水分を失っています。炎天下だと1Lもの水分を失っていることがあります。この量を目安にこまめに水分補給することをおすすめします。

・塩分は日常から取り過ぎるのではなく、30分以上大量の汗をかく場合に塩分補給が必要になります。

・水分不足を認識していなくて脱水症状の初期症状になっている時に、お腹が空いているからと食事してしまうと、脱水状態が進んでしまい、食事中や食後に、突然、意識を失う場合が少なくないようですので、朝食や食事前は、のどが渇いていなくても水分を充分に摂ることをおすすめします。

・熱中症対策のさまざまなグッズが販売されているので上手く活用しましょう。
水に浸すと冷たさを保ってくれるバンダナや、何度も繰り返し使え水で濡らすと冷たくなるタオルなど・・・

まとめ

室内でも水分を発散していて、脱水症状は自分で気付かない間に進んでいる事があるので、水分と身体を休めることは大切ですね。

少しの頭痛でも自己判断で大丈夫と過信しないで、水分をこまめに補給して熱中症にならないように過ごしてくださいね。

身体の具合が悪いと感じた時は早めに病院で診ていただくことをおすすめします。

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 熱中症 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

体調不良 シニア
高齢者は熱中症になりやすいので要注意!時期は?脳梗塞につながる?

梅雨が明けて夏本番になると、老若男女問わず熱中症に気を付けないといけませんよね。 …

夏の太陽
熱中症はどんな症状?子供の様子で分かる?対策は?発熱は続く?

熱中症は屋外、室内にいても風通しがない等、気温が高い多湿などの環境で、うまく体温 …