mirai

Just another WordPress site

ウエディングブーケは生花と造花どっちがいい?花や形の種類や相場は?

      2016/02/17

ご結婚おめでとうございます。
ウエディングブーケって色々と迷う事が多いですよね。
生花にするか造花?それともブリザーブドフラワー?など種類も多く、ブーケの形やどんな花が良いのか?迷う事がいっぱいですが、メリットやデメリットなどを参考に、気に入ったブーケで大切な当日を迎えて下さいね。

スポンサードリンク

ウエディングブーケは生花と造花どっちがいい?

ブーケには生花・造花(シルクフラワー)・ブリザーブドフラワーと3種類あります。
アートフラワー(造花)もありますが、シルクフラワーよりランクが高く、布製で染色してコテで仕上げる手作りの造花です。高級感があり生花と見間違えるほどのクオリティーですが、シルクフラワーの何倍ものお値段です。
当日だけではなく記念に残しておきたい方は、シルクフラワーか最近ではブリザーブドフラワーを選ばれます。

【 生花 】
☆やっぱり生花には独特のやわらかさやみずみずしさがあって華やかですよね。
☆当日の花の状態が一番に作られているので、日持ちしないのが残念です。
ラウンドブーケやキャスケードブーケなどはほぼ当日、クラッチブーケは少し日持ちます。
☆造花のブーケに比べると重さがあります。
☆持ち込みの場合、運ぶ途中や当日にちょっとしたアクシデントで花が抜けたり、折れてしまう事も無いとはいえません…式場提携店の場合は手直ししてもらえますが、持ち込みの場合は最後までそのままの状態になってしまうかもしれません…

【 造花(シルクフラワー) 】
☆生花に比べると軽く折れたり抜けてしまったりしないです。
☆何年も家で飾れて楽しめますね。
☆最近では生花?と分からないくらいのものもありますよ^^
☆ものによっては、見た目が「造花!」というのもあるので実際に見て購入することをおすすめします。

【 ブリザーブドフラワー 】
☆長期保存可能なブーケ
☆生花の持つしっとり感を残して、長く保存できるように特殊加工をした花です。フランスで1991年に発明され、製造方法は生花を脱水・保存液の浸透・排水・乾燥で作られています。保管状況にもよりますが、2年~3年以上美しさを保ちます。
☆日取りが決まってから、自分で作るのも良いですね。
☆花の種類は限られます…

種類によってメリットやデメリットがありますが、ご自分に合ったタイプを選んで下さいね。

ウエディングブーケの花や形の種類は何がいい?

【 ブーケの種類 】
♡ラウンドブーケ
一番オーソドックスなタイプです。
比較的小さな花を丸い形にシンプルにまとめ華やかなブーケです。

♡キャスケードブーケ
花嫁のブーケの定番です。
キャスタードとは「小滝」という意味で、滝の流れのような華麗な美しさです。
プリンセスラインやAラインのウエディングドレスによく似合います。

スポンサードリンク

♡オーバルブーケ
ラウンドブーケを 縦に楕円形にしたようなブーケです。
大きめの花や動きのある葉が栄える形です。キャスケードのような豪華さもあります。

♡クラッチブーケ
片手で持てる大きさで切り口を揃えてリボンをしただけのナチュラルなものです。
自然な雰囲気の中にも豪華さや、可憐さもあり、ガーデンウェディングやカジュアルなドレスにも似合います。

♡クレッセンドブーケ
クレッセントは「三日月」を意味し、三日月型のラインを描くブーケです。
Aラインやスレンダーなどのウエディングドレスに似合います。

♡ボールブーケ
球状にまとめたブーケです。
リボンなどをつけた持ち手で、腕にかけてもカワイイ印象です。カジュアルなドレスや可愛いドレスにおススメです。

♡ティアドロップブーケ
涙の形を逆さまにしたデザインです。
選ぶ花によって大人っぽさや可愛さを演出できます。

♡アームブーケ
二の腕に付けるブーケです。

♡リストブーケ(リストレット)
手首に付けるブーケです。
ブーケを持たなくていいのがいいですね。

【 花の種類 】

ブーケによく使われる花はユリやカラー・バラ・トルコキキョウ・スイートピー・カサブランカ・デンファレ・ひまわり・ブルースターチ・ホワイトスター・ガーベラ・グリーンネックレス・アイビー・実ものなどなど…
本当にたくさんありますが、ご自身の好きな花を選んでドレスとの色合いを考えてブーケにするのが一番ですよ^^

ウエディングブーケの相場は?

ブーケって思っているよりお金がかかりますよね。
生花で2万円~3万円くらいが相場でしょうか?
ただ、安いから良いとは限らなくて・・・
正直、材料だけで考えると、1万円もあればそれはそれは立派なブーケが出来上がります。
高額のブーケは、例えばバラを20本使うなら40本のバラを仕入れ、当日に1番良い状態で咲き、花の大きさや向き、傷などがない花を選んで作られているんですね^^色んな意味でベストな状態で仕上がってくるので高額になってしまうんですね。

ブリザーブドフラワーは手間暇が掛かっている分、生花のブーケよりも高めですね。記念に数年の間そのままの状態で保存できるので、生花に比べると高額でも最近は人気のブーケです。

ブーケにお金を掛けたくない…一層、持たなくても…と、考えますが、やっぱり後々写真や映像を見た時にブーケを持って良かったと思いますよ^^
華やかさが違い、持ってないと淋しい感じがします…
どうしてもそこまでお金を掛けれないって方は、リストブーケだと1万円くらいまでで出来るのでおススメです!

まとめ

結婚式は思っていたより、ドンドン金額が増えていきますよね…
後悔のないようにお二人で相談して良い結婚式を迎えて下さいね。

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 披露宴 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
結婚式を欠席する時のマナーは?ご祝儀はいくらでいつ渡すの?

友人の結婚式にどうしても出席出来ない時のマナーやご祝儀などをどうすればいいのか迷 …

披露宴会場
友人の結婚式を欠席する場合は電報を^^必要な情報は?宛名は連名?

幼なじみや学生時代からの友人から結婚式の招待状が届いたけど、予定が詰まっていて出 …

披露宴会場
披露宴の服装のマナーは?既婚女性の服装は?パンツスーツはダメ?

結婚して初めて披露宴に出席する時の服装って何を着て行ったらいいのか悩みますよね。 …