mirai

Just another WordPress site

白髪染めを自宅で傷まないものは?トリートメントの効果や頻度は?

      2017/02/10

30代~40代になると、少しずつ白髪が気になってくる年代になってきますよね。
これから先何十年もの間、白髪と付き合っていかないといけないので、なるべく頭皮や髪の毛を傷めない方法でおしゃれしたいです。
身体や髪の毛に優しい白髪の対処法を参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

白髪染めを自宅で傷まないものは?

美容院に行って染めるのが綺麗で早いですが、一ヶ月もすると又白髪が出てきて美容院に行く事になりますよね…行く時間と費用もかかります。
全体的に白髪ではない場合ですと、わざわざ美容院に行くのもおっくうですよね。

まず、白髪染めは脱色をして色を入れるので、髪の毛や頭皮のダメージは大きいです…
白髪染めには「ジアミン」という染料の成分が含まれています。
そのジアミンの成分は体内に蓄積され、何年もアレルギー反応がなく染めてこられた方も、ある日突然アレルギー反応が出る事もあるんですね。
体質にもよりますが、ジアミンアレルギーは軽いものから命に関わる程重症化する場合もあります。
こういった事を考えると、染める回数をなるべく少なくしたいです。

身体の事やダメージを少なく白髪をなくす方法はカラートリートメントやヘアマニキュアがおススメですよ^^

【 ヘアマニキュア 】
ヘアマニキュアは髪の毛をコートしてキューティクルを保護してくれる効果があります。一ヶ月くらい色持ちや効果が持続し、徐々に剥がれていくイメージです。
マニュキアのように髪の毛をコートしているため、効果が持続している間のカラーリングは色が入りません。
※市販されているヘアマニキュアは脱色効果が入っている物があるので注意しましょう。

【 ヘアカラートリートメント 】
ヘアカラートリートメントはクリーム状のトリートメントで、髪の毛の表面だけ着色させ、回数を重ねる毎に染まります。
パッチテストも行わないで出来る物もあるくらいなので、頭皮や髪の毛にも安心です。
部分的な白髪や生え際、分け目だけの場合はハケで塗って、その部分以外は日常に使っているトリートメントを塗っておくと経済的です。
時間を置く必要がありますが、1週間に1度くらいなので、その間にお顔のパックをするのにちょうど良い感じです♪

スポンサードリンク

トリートメントの白髪染めは効果ある?

体質や商品自体が合う合わないなど、多少の個人差があると思うのでご自分に合った商品を探してくださいね^^

1度では染まっている?と思いますが、最初は2,3日続けるとしっかり染まってきますよ♪
汗をかいても色落ちしませんし、一度染まると1週間に1度くらいのペースで十分です。

【 カラートリートメントのコツ 】
☆シャンプー後しっかりタオルドライしてください。
☆ハケで髪の毛を染めるように
少し面倒ですが、市販のカラーリングなどに付いているハケで丁寧に塗っていきましょう。そうすると手も汚れないで済みますね。
髪の毛が濡れていて、白髪が分りにくいので、乾いた状態の時に白髪部分を確認しておくと良いですね。
☆時間は少し長めに置いた方がよく染まります。
☆すすぎはしっかり行ってくださいね。汗などで濡れた時に色落ちの原因になります。

※乾かした時に染まっていない部分は、上手くトリートメントが湿布されていない部分の場合が多いので、次回に注意して塗りましょう。
※初めは慣れないので染まりにくいかもしれませんが、回数を重ねると慣れてコツが掴め綺麗に染まるようになりますよ^^

白髪染めのトリートメントの頻度はどれくらい?

個人差がありますが一度染まってしまうと、1週間に1度くらいの頻度で十分だと思います。
表面の着色が徐々に剥がれていくので、急に白髪に戻ってしまうことはありません。
少しでも長持ちさせるには、シャワー温度を35度くらいにすることをおススメします。高温で洗うと色落ちが早くなる場合があります。

美容院で一ヶ月に1度ヘアマニキュアをして、自宅でカラートリートメントをすると色持ちは良くなりますよ。
全体的に白髪の場合も、2,3ヶ月に1度白髪染めをして、1ヶ月に1度マニキュア・自宅でカラートリートメント、というようにすると、白髪染めをする機会が減って、身体にも髪の毛にも優しいですね^^

まとめ

髪の毛は長いお付き合いなので、ご自分に合った方法でおしゃれを楽しんでくださいね。
カラートリートメントを直接手にとってなじませる場合は、商品によって手に着色する場合があるので、毛染め用の手袋などを使うと後が楽ですね。

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 美容 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

チアシードとヨーグルト
チアシードダイエット1日の分量は?栄養成分や副作用は?

10年くらい前にも流行ったチアシードですが、栄養豊富でダイエットの補助食品として …

no image
白髪の原因40代は?白髪染め部分的には?よく染まる方法は?

白髪が増えると急に見た目年齢が老けて見えるようで気になりますよね。 おすすめや染 …

脇 脱毛
ムダ毛処理の方法どうしてる?おすすめ方法は?エステで脱毛は?

毎年夏になると特に肌の露出が多くなるので、ムダ毛の処理頻度が広範囲で困っていませ …

no image
白髪染めのかぶれの原因は?かぶれた時の症状は?治療は?

白髪染めをした後に頭痛がしたり、チクチクしたりかゆみが何日も治まらない時がありま …

イガ栗
ダイエット中のおやつに栗は?栄養や効果は?甘露煮と渋皮煮の違いは?

食欲の秋の味覚といえば、サンマやマツタケや栗などたくさんありますよね^^ そんな …

no image
女性の抜け毛原因で産後は?ホルモンバランスの乱れ?良い食べ物は?

毎日の抜け毛は気になりますよね。 産後抜け毛が増えてきて、いつまで抜け続けるの… …

照りつける太陽
紫外線対策で顔に効果があるのは?日傘の効果は?より効果的な方法は?

日中、外回りの営業で、紫外線の影響を受ける時間が長い方はこれからケアが大変ですよ …