mirai

Just another WordPress site

加湿器アロマで風邪予防とインフルエンザ対策!オイルは普通の加湿器に入れていい?

      2016/01/20

冬の時期は空気が乾燥して風邪やインフルエンザに気を付けたいですよね。
特に小さなお子さんや受験生がいるご家庭は予防に加湿器を取り入れているご家庭も多いと思います。
加湿器とアロマの効果やアロマオイルのおススメを参考にこの時期を元気に乗り切って下さいね。

スポンサードリンク

加湿器アロマで癒しと風邪予防を♪

アロマオイルは「ディフューザー」か「アロマポット」でそれぞれの効果や効能、癒しを楽しみますよね^^
癒しを優先する場合はアロマポットで十分効果や効能も期待できますが、風邪やインフルエンザの予防にはディフューザーをおススメします^^

アロマ加湿器やディフューザーはお好みの香りと共に細かなミストでお部屋中に充満して効果を発揮してくれます♪
アロマ加湿器を選ぶ時は、加熱式(スチーム)の物より気化式か超音波式をおすすめします。(スチーム式は熱が加わるので、酸化や成分の変化が起こりやすく効能が薄れる可能性があります)
※長時間の連続使用は逆に体に負担がかかるので、1~2時間くらいすると、30分くらいはアロマを休止させましょう。

西洋ではアロマ精油の医療効果が認められています。予防や症状の緩和に効果が期待でき、精神的な癒しも望めるのでぜひ取り入れたいですね。

【 風邪の予防におススメのアロマ精油 】
☆ユーカリ(抗ウイルス作用・免疫力UP)
のどの痛み・咳・気管支炎・鼻づまり、空気の浄化や殺菌に

☆ティートリー(抗ウイルス作用・免疫力UP)
鼻水、鼻づまり、のどの腫れや殺菌力が高いです

☆ラベンダー(抗ウイルス作用・殺菌消毒)
空気を浄化する作用があり、呼吸器系や頭痛にも効果が期待できます。

☆ペパーミント
頭痛や発熱・下痢や吐き気、鼻づまりに…消化器系や呼吸器系に効果が期待できます。

☆スィートマジョラム
鎮静作用や血行促進、筋肉痛や冷え、不眠の時に…

苦手な香りは人それぞれありますが、無理に使用していると逆に頭が痛くなったりするので、無理の無いように使用して下さいね。
また、苦手な香りに好きな香りをブレンドするのも良いですよ♪(割合は1:1)
人気の柑橘系(レモン・オレンジスゥイート・グレープフルーツなど)やラベンダーなどは色んな精油と相性が良いのでブレンドして試してみて下さいね^^

睡眠不足は免疫力を低下させてしまい、風邪やインフルエンザに感染しやすくなります…
しっかり睡眠をとりたい時はラベンダーが自律神経を落ちつけてくれ、ローズウッドは気分の憂うつを調整してくれるのでおススメです。ハンカチやティッシュなどに1~2滴染み込ませ枕の下や枕元に置いておくだけでも効果が望めます。

アロマオイルをブレンドしてインフルエンザ対策!

空気が乾燥する時期に毎年インフルエンザウイルスが流行りますよね。
事前にアロマを取り入れて、免疫力を高めて感染を予防しましょう^^

【 インフルエンザの対策に役立つアロマ 】
アロマオイルは強力な殺菌作用をもっている為、ディフューザー等で拡散すると空気中のウイルスの殺菌に有効です。
空気感染の予防に効果が期待できるほか、かかってしまっても症状の緩和が期待できます。

~おススメのオイル~
ユーカリ・ティートゥリー・レモン・グレープフルーツ・オレンジスイート
特に柑橘系に含まれているリモネンという成分は空気中の雑菌を殺菌する作用に優れていて、爽やかで気持ちも元気になるのでおススメです。
柑橘系の精油を染み込ませたティッシュをマスクに挟んでおいても効果が期待できます。


スポンサードリンク

普通の加湿器にアロマオイルを入れていい?

普通の加湿器にアロマオイルを入れると機械の故障に繋がる恐れが高いので、アロマオイル専用の加湿器のご使用をおススメします。
急遽今ある加湿器で、どうしても加湿とアロマの芳香浴を同時にしたい場合はアロマポット(100均等で売っています)と加湿器を使用すると良いですね^^
次回加湿器を購入する時に、加湿口付近にアロマオイルを入れるものや、フィルターにオイルを含ませるタイプなど種類が豊富になっているので検討してみて下さいね。

まとめ

アロマオイルは上手く取り入れると色んな効能を発揮してくれて、芳香浴は小さなお子さんから取り入れられますよ^^
好きな香りは気持ちも癒されるので、気持ちよく過ごせますね♪

※アロマ精油は花や葉、樹脂や根などから抽出されている天然の精油を購入して下さいね。

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

処方箋
とびひの子供の症状は?何科を受診?治療でガーゼは必要?

ちょっとしたひっかき傷やあせもからとびひになってしまうことがあります… スポンサ …

伊勢神宮
厄年の男性の年齢や数え年とは?厄払いする時期や贈り物3選!

男性の厄年は42歳が大厄なのでご存知の方が多いと思いますが、25歳も厄年に当たる …

マスクと消毒
インフルエンザは潜伏期間でもうつる?アルコール消毒や飲んではいけない薬は?

気温が低く、空気が乾燥する季節になるとインフルエンザが心配ですよね。 発症してい …

カイロ
足先が冷えるオフィスでの対策や改善法、効果的なカイロを貼る場所は?

働く女性の悩み事のひとつにオフィスでの足の冷えに悩んでいる方が多いですよね… 夏 …

牡蠣
ノロウイルスの感染対策を家庭では?アルコールの効果や潜伏期間は?

家族でノロウイルスに罹ってしまった人がいると、他の家族にうつらないか心配ですよね …

納豆
納豆嫌いを克服するには?栄養や効能は?ダイエットに効果がある?

嫌いな食べ物を克服するのは大変ですが、納豆にはたくさんの栄養素があり、1日1パッ …

infuruenza05_a_05
受験生のインフルエンザ予防接種の時期はいつ?対策や家族がかかったら?

インフルエンザが気になる季節になってきましたね。 受験生にとって1番大切な時期な …

体温計を持つ幼児
溶連菌の症状や幼児の潜伏期間の注意点は?繰り返す原因や登園の目安は?

溶連菌感染症は5歳~15歳の小児の感染が最も多く、お子さんの看病をしていて大人で …

感染予防
インフルエンザでお風呂は大丈夫?いつから?お風呂で感染する?

インフルエンザにかかるととても辛いですよね・・・ 高熱が出て、汗をかくのでスッキ …

頭痛に悩む女性
夏バテと熱中症の違いは?原因や症状は?予防に効く食材は?

暑い日がそんなに続いてないのに夏バテ?熱中症かな? 体調が思わしくないのは辛いで …