mirai

Just another WordPress site

熱中症はどんな症状?子供の様子で分かる?対策は?発熱は続く?

      2016/07/15

熱中症は屋外、室内にいても風通しがない等、気温が高い多湿などの環境で、うまく体温調節が機能できなくなり、体内に熱がこもってしまうと起こります。
小さいお子さんや高齢の方など(睡眠不足の方も)は特に熱中症になりやすく、重症になるおそれもあります。
小さいお子さんはなかなか表現できないので、こちらで症状などを確認して少しでも早く判断してあげたいですね。

スポンサードリンク

熱中症はどんな症状?子供の様子で分かる?

大人でも頭痛やめまいがしたり、身体がだるい、気分が悪かったりしますがまさか熱中症とは気づき難いもので、元気だったのになんかおかしな?と・・・気がついた時には発症してしまっている可能性があります。

こんな症状があっても小さなお子さんは遊びに夢中だったりして、言葉にしないことが多いと思います。
風邪の症状と分かりずらい場合もありますが、お子さんの顔色や食欲、機嫌などをみると、疲れているのかな?なんか急にぐったりしているな?熱が少しある!異常に汗をかいている、など…様子がいつもと違っていませんか?

こんな時は、もしかしたら熱中症の症状?と早い段階で対処した方が重症化する前に防げるかもしれませんね。

熱中症の症状がある時の対策は?

熱中症の原因は、環境や多量の発汗後にミネラル(特に塩分)と水分不足によって起こるので、こまめにミネラルウォーターやスポーツドリンク等を飲ませる事が一番大切ですね。

スポンサードリンク

発症しているかも?と気づいたら屋外の場合、風通しの良い日陰に移動し、飲みたいだけ水分をとらせてあげ、氷水を袋に入れた物、冷えたペットボトル、缶ジュース等なんでもいいので、首の後ろ・わき・足の付け根に当てて体温を下げてあげてください。
太い動脈があるところを冷やしてあげ、霧吹き等で体や服に水をかけうちわ等で扇いで体温を下げてあげるのが熱中症になったときの応急処置です。
とにかく水分を十分にとって、安静にするのが一番ですね。

気をつけないといけないのが、意識がはっきりしない、高熱が出て、発汗していない(皮膚が乾いている)、場合は緊急を要するので救急車を呼んで病院で診てもらって下さい。

熱中症の症状で発熱はどれくらい続く?

発熱は1週間程度続く可能性もあります。
発熱している間は、水分と塩分を十分補給してあげて下さい。
市販のスポーツドリンク等が一般的にいいでしょう。ビタミンも大量に必要なので、口にし易い果物や食事に注意して補給してあげてください。

1週間経過しても回復しないようであれば病院へ行きましょう。

まとめ

小さいお子さんの熱中症は気づき難い場合もありますが、普段の様子と比べて早い段階で気付いて重症化する前に処置してあげたいですね。
重症化すると後遺症が残ったり、命の危険もあります。
日常の生活から、きちんと栄養をとって体力、免疫力をつけ、睡眠不足等にも気をつけて、丈夫な身体づくりを心掛けてあげてくださいね。

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 熱中症 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

体調不良 シニア
高齢者は熱中症になりやすいので要注意!時期は?脳梗塞につながる?

梅雨が明けて夏本番になると、老若男女問わず熱中症に気を付けないといけませんよね。 …

no image
熱中症かな?症状で頭痛や発熱がある場合の対策は?予防法は?

ジメジメした梅雨の時期や真夏でも風邪かな?熱中症かな?と頭痛がしたり身体がだるく …