mirai

Just another WordPress site

雑草対策のグランドカバーにクローバーは?手入れは必要?デメリットは?

      2016/01/18

お庭の雑草対策は寒い時期を除いて悩みの種ですよね…
お庭の形によるちょっとしたスペースや、その他の植物の隙間からも雑草が耐えません…
他の植物の邪魔にならずに引き立ててくれて、かわいい♪更に雑草が生えにくいクローバーのご紹介です^^

スポンサードリンク

雑草対策のグランドカバーにクローバーは?

クローバーにも色々ありますが、広範囲でのグランドカバーにクローバー(シロツメグサ)はおすすめできないですね…
繁殖力は年々強くなってきますが、範囲が広すぎると残念ですが雑草にしか見えなくなってしまいます…^^;

ですが、庭の一角や寄せ植え、花壇の隙間にクローバーティントシリーズ(常緑多年草)があると、雑草対策はもちろん、周りの植物とのアレンジ次第で、可愛く雰囲気も良くなるのでおススメです♪

【 葉の色合いが楽しめるクローバー 】
☆ティントヴェール☆
丈夫で育てやすく、グリーンの濃淡が鮮やかでグランドカバーにおススメです!

☆ティントガーネット☆
中心が濃いワインレッド、葉の半分が薄いワインレッドに緑の縁取りでとってもかわいいクローバーです。白い花が咲いてワインレッドによく映えます。

☆ティントワイン☆
クローバーには珍しい赤い葉っぱです。
一見クローバーには見えないですが、周りの植物の緑によく映えるのでおススメです。

☆ティントナイト☆
黒い葉にグリーンの縁取りで、白い花が咲きます。寄せ植えのアクセントにも向いています。個人的にはティントナイトだけの鉢植えもとってもかわいく気に入っています^^

☆ティントネーロ☆
こちらも黒い葉っぱに緑の縁取りですが、葉っぱの形が他のクローバーと少し違って、細い葉っぱです。こちらも寄せ植えにすると全体をグッと引き締めてくれます。

☆ティントセピア☆
ワインレッドに薄いグリーンがかすれたような、単品でも雰囲気のある風合いです。
寒くなるほどセピアカラーに変わっていくので、そちらも楽しめます^^
セピアは幸せの四つ葉のクローバーが出現しやすいので、違う意味でも楽しみが増えますね♪

☆ティントルージュ☆
中心が濃いグリーンに先端が薄いグリーン、薄いグリーンの中心にワインレッドの模様がアクセントになっていて可愛いです。ルージュも葉っぱが少し細めです。

※ティントセピア以外は四つ葉になる可能性が低いので、見つけたら本当に幸せな気分を味わえます^^

このようなクローバーを植えておくと、クローバーの根や茎葉で地面が覆われる為、雑草が生えてくる隙間が無くなって雑草対策になり、お庭を可愛くアレンジできますね^^

グランドカバーのクローバーの手入れは必要?

クローバーのティントシリーズはとっても丈夫です。土地を選ばず、どんなところでも育ち、耐寒性も強くお手入れも簡単でグランドカバーに向いてます!

【 開花期 】3月~6月

【 植え付け時期 】11月~5月

【 育て方 】
☆日当たりや風通しが良くて水はけの良い場所

☆水たまりができやすい場所は、土で均したり砂利などで工夫して下さいね。

☆夏は蒸れと西日に注意!

☆冬越しは耐寒温度は氷点下にならなければ、戸外でも越冬可能です。
霜が降りたり、土壌が凍ってしまうと、元気が無くなってしまいますが、春になると元気に復活することが多いです。
※寒冷地では冬場に枯れてしまう事も…

☆水やりはほとんど不要です。降雨だけでも十分なので楽ですね^^水分が多いと葉っぱが大きくなります。
※鉢植えやハンギングの場合は表面が乾いてきたら水やりしましょう。

☆肥料もほとんど必要ありませんが、花をたくさんつけたい場合は、4月~6月か9月~10月に液体肥料やマグァンプなどを♪
※窒素肥料が多いと花つきが悪くなり、葉っぱばかりが茂ります。

☆害虫
アブラムシやハダニ

普通のクローバー(シロツメクサ)のような繁殖力はないので、お手入れも楽で鉢植えのアレンジにも向いています。
鉢植えの場合は、底から根っこが出てきた頃(4月、10月が適期)に、大きな鉢に植え替えるか、株分けすると良いですよ^^


スポンサードリンク

クローバーをグランドカバーにするデメリットは?

クローバー(シロツメグサ)をグランドカバーにすると、とっても強く繁殖力が凄いので、広範囲一面にしてしまうと、ちょっと雑草チックになってしまいます…
クローバーの高さも、何層にも成長して、高くなると20㎝位になり、雑草は生えませんが、ミミズやバッタなど昆虫が多くなることが難点ですね。
また、クローバーがたっぷりありすぎると、窒素過多によって開花しにくい事も…
繁殖し過ぎて除去しようと思っても、根っこまでしっかり除去しないと、又繁殖してしまうので、土を掘り起こして根っこを綺麗に除去しましょう。
クローバーを除去してしまうと、又、雑草は生えてきてしまいます…
※普通の除草剤が効かないので、根絶やしにする場合は専用の除草剤が必要です。

こういったことからも、普通のクローバーよりクローバーティントシリーズは、見栄えも綺麗でおしゃれですし、お手入れも簡単で、比較的1年中かわいらしい葉っぱを楽しめるのでおススメです♪

まとめ

色んな種類のかわいらしいクローバーで、ぜひお庭をアレンジ&雑草対策に役立ててみて下さいね^^
地植えでドンドン増えていくと、鉢植えやハンギングなどのワンポイントにも役立ちますよ♪

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ウッドチップ
ウッドチップは防草効果がある?風で飛ぶのを防ぐには?耐用年数は?

庭の雑草対策はいたちごっこで、体力と時間を掛けても永遠に終わりがないですよね… …

no image
庭のグランドカバーにおすすめは?クリーピングタイムやハーブは?

庭の雑草は春から秋にかけては手入れしても、手入れしても増えて、冬になると枯れて見 …

リトルガーデン
ウッドチップは庭の雑草対策になる?虫は?レンガを組み合わせると?

庭の雑草は本当に厄介ですよね… ウッドチップやバークチップで雰囲気の良い庭にした …